土川建設土川建設は、あなたの家づくりをサポートいたします。
HOME
施工例
イベント情報
家づくりのこだわり
家づくりのステップ
会社案内
お問い合わせ

注文住宅・一戸建て・新築住宅建築の[いい家ネット]
家づくりのこだわり
当社は新築・リフォームに関わらず、高齢者に優しいバリアフリーに配慮し、全棟自由設計として、高断熱・高気密・高耐震性能を実現したSW工法を取り入れ、安心で健康、快適な住まいづくりの提案をいたします。
完成、引き渡し後も、定期的に訪問しアフターサービスを行い、施主様との末長いおつきあいを心がけております。
■地域に根ざした家づくり
●施主様とのコミュニケーションを大切にします
私たちは施主様と一緒に家をつくるという気持ちで、あらゆるご希望に応えるべく努力しています。住めば住むほど良い家だ、と思っていただける家を建てるために、施主様とのコミュニケーションを大切にしております。
ふれあい祭りの様子
竹細工
一戸の工芸品。
一戸まつりの様子。
■提案力
●高気密・高断熱・高耐震住宅<スーパーウォール工法>のご提案
スーパーウォール工法軸組
すぐれた高気密・高断熱・高耐震性能を実現したSW工法をお薦めいたします。SW工法で建てた住宅は保温性が高く、冷暖房の効率を高めるので、夏涼しく、冬暖か。さらに耐震・耐久性にも優れた住宅です。多くのお客様にも満足していただいています。

スーパーウォール工法のホームページ
スーパーウォール工法提案住宅 スーパーウォール工法住宅構造図
スーパーウォール工法提案住宅
スーパーウォール工法住宅構造図
<スーパーウォール工法の高性能な住みごこち>
[1]温度差が小さい
一年を通して快適な環境を維持できます。また、保温性が高く冷暖房効率がよいので、部屋の上下の温度差が小さく快適です。
外気温の影響による室内温度変化の比較(24時間冷暖房運転した場合)
部屋の上下の温度差を壁面温度の熱画像で比較(冬期暖房時)実在住宅測定例(赤系ほど温度が高く、青系ほど低いことを示します)
壁面温度の熱画像[スーパーウォール工法住宅] 壁面温度の熱画像[一般住宅]
[スーパーウォール工法住宅]
天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。
暖房方式によって異なる場合があります
[一般住宅]
天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。
(注) ここに掲載しましたデータは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様、生活スタイル、立地条件、測定条件等によっては、異なった値となる場合があります。
[2]地震や台風に強い
木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交に集中して、建物がねじれやすくなります。
SW工法は木造在来軸組工法に高性能SWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。
壁倍率の比較
壁強度の比較
台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。
[3]音が静か
SW工法住宅の室内は、車やご近所からの騒音など、睡眠や大切な勉強などの妨げになる外部騒音も気にならない快適空間。また、楽器の演奏や映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲を気にすることなく余暇時間を過ごせる快適な室内環境を実現します。
[4]空気がきれい
●ワンランク上の高気密性能(C値=1.0)で質の高い計画換気を実現します。
SW工法住宅では、C値=1.0という高い気密性能にこだわり、隙間を極力抑えることで外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅カット。また、計画換気により取り入れる外気は、フィルターを介し、花粉など微細な粒子まで取り除けます。
●室内をゆるやかに空気が流れ、空気のよどみを少なくします。
計測された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。室内のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出し、室内の空気のよどみが少ない。

計画換気システムのイメージ図
計画換気システム
[5]省エネルギー
スーパーウォール工法の住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやか。暖房を再び開始して快適な室温にするまでのエネルギーも少なくてすみます。
暖房停止後の温度変化
■バリアフリー
●段差のないフラットフロアのご提案
当社のバリアフリー仕様は、お子様からお年寄りまで家族全員が安全に暮らせる工夫がいっぱい。洗面 所とバスルーム、和室と廊下など全室を段差がないフラットフロアにできます。お子様やお年寄りにも安心な仕様です。また介護仕様に関しても、ぜひご相談ください。
■耐震性
●軽くて丈夫な構造
木は鉄に比べ、重さあたりの引っ張り強度で約3倍、曲げ強度で16倍もの強さがあります。地震の振動エネルギーは建物の重さに比例して大きくなるので、軽さ、強度で優る木の柱と梁で骨格を作り上げた在来軸組工法は地震国日本に最も適した住宅といえます。
■木造軸組工法
●木造軸組工法の良さを生かして
日本の気候に合った伝統工法、木造軸組工法。当社は木のぬくもりを直接感じることができ、設計柔軟性に優れ、軽くて丈夫な構造のこの木造軸組工法で、お客様の家づくりの夢を実現いたします。
■快適性
●高性能断熱サッシを採用
当社では断熱性能が高く省エネ効果の大きい高性能サッシ『サーマルII』(トステム製)を採用しています。12mmの空気層のある複層ガラスとあいまって、冷暖房費を大幅に節約できます。冬の嫌な窓の水滴(結露)も抑えられます。
■安心の保証体制
●建設工事総合補償保険に加入
建設工事総合補償保険に加入 当社は建設工事総合補償保険に加入しており、工事中の事故・災害による損害や施工が原因の引渡し後の損害を補償できる体制をとっています。万が一のときにもけっしてお客様にはご迷惑をおかけすることはありません。
●リフォーム工事
大切な住まいを長持ちさせるためだけでなく、快適な暮らしを維持していくために「適切な処置」で住まいの寿命を延ばしましょう。
Copyright 2006 土川建設 All rights reserved.